【てんかんのこと】

てんかんとは様々な原因で起こる脳疾患です。

てんかん発作の症状
・挙動不審になる
・一点を見つめる
・泡を吹く
・意識を失う
・手足をのばし足をつっぱる
・失禁する

特徴
・発作は20秒~数分
・軽度の発作であれば、その後何事もなかったかのように元気に戻ります

検査
・脳に疑いがある場合はMRIやCT検査を行いますが、
 検査をしても原因が判明しない可能性が高く
 検査自体が高額であること、全身麻酔のリスクを伴うことから、
 やるかやらないかの判断が非常に難しいところ。

注意
※発作が直接的な原因で死ぬことはありませんが、
 発作が原因で後遺症が残ったり、体力を消耗したり、発作中の怪我で命に関わることは十分ありえます。

【うちの子の場合】
生後半年のころ、突然発作を起こすようになりました。
はじめは、突然吠え出して走り回って失禁するという症状でしたが、
だんだんひどくなり、泡を吹きながら痙攣するようになりました。

一番ひどい時は泡を吹いて倒れ、全身痙攣が1分以上続き、発作の後はフラフラして立てなくなるほどでした。
かなり衰弱して…このまま死んでしまうんではないかと毎日不安でしたが、
今は上手く制御できるようになり、元気に過ごしています。
(現時点で1年以上発作を起こしてません)

ちなみにうちの子の特徴としては、
95%位の確立で、寝起きに発作を起こします。
残り5%は、ストレスが掛かった時でした。
(車の中に数分取り残したとき、動物病院に連れて行った後)

【うちの子のてんかんの原因】
原因は不明です。
MRIやCTは行ってません。

MRIやCTをやっても原因がはっきりしない可能性があることと、
検査をする際に全身麻酔のリスクがあること、
全身麻酔が原因でてんかん発作が悪化する可能性があったためです。

明確な原因はわかりませんが、私の勝手な推測では、
・先天性の脳疾患
・ワクチンの影響(ちょうど発作前にワクチンを打ったため)
・外的要因による何か(発作を起こす前に、成犬に襲われたため…)
・精神的な何か(成犬に襲われた時の強い恐怖から…)
といったところです。

【私が試した治療法】
※薬を飲んでも発作が収まらなかったので、とにかく色々試しました。

・とにかく睡眠を取らせる
人間のてんかんの原因の代表的なものに、睡眠不足があげられますが、人間がそうなら犬もでは?
と思って、試した方法です。留守番の時間をかなり多くして たくさん睡眠を取らせました。
これが一番効いたかな?

・オルゴールを流す
人間にも犬にもてんかんにもオルゴール療法がいいと知り、夜にオルゴールを掛けて安心して寝られるようにしました。
私自身もよく眠れるようになりました。笑

・病院に連れて行かない
そもそも病院に連れて行くのがストレスになって、
余計悪化していたような気がしたので、不用意に連れて行かないようにしました。
話を聞くだけなら、飼い主ひとりで事足りますからね。

・恐怖心を取り除く
うちのポメの場合、発作が必ず寝起きに起きる ので
寝起きは怖いものじゃないんだよ!と思わせるために、ちょっとした睡眠から目を覚ますときも
ナデナデして安心させました。

脳幹活性ペンダント を使う
藁にもすがる思いだったので、少しでも可能性があるなら…と思って試しました。
信じるか信じないかはあなた次第(笑)脳幹を活性化させて自然治癒力を高めるというペンダントです。
脳幹活性ペンダントについて詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>